レスキューアシストとは…

災害マルチコーディネーターとして

 日本各地の災害地で災害救援の活動に参加し、様々な方々と出会いました。その中で、要援護者(しょうがいをもたれている方、身体の不自由な高齢者、日本語に慣れない方々、妊産婦さん、難病患者さん、小さい子どもたち)への支援が、阪神大震災当時からほとんど変わっていない事に気づき、何度ももどかしい思いをしました。このことから、現状の枠組みで可能な限り災害初期に要援護者の救援に特化した動きをし、3年以内にしょうがい者と非しょうがい者が民間で立ち上げる「災害要援護者支援センター」を作り、しょうがい者が支援される側から支援する側になるシステムを作ります。各支援団体との連携を密なものとし、要援護者が1日でも早く元の生活に戻れるように努力致します。

 被災された方々の代わりにはなれませんが、少しでも被災された住人の方々目線で、本当に必要な支援の仕方を考え行動致します。要援護者にとって、被災したからと言って無理して避難所に身を寄せるのは最善の策ではありません。自宅の被害が少なければ、要援護者は自宅避難が生活リズムを崩さず1番だと自分は考えています。ですから、平時からの要援護者の防災減災耐震は何よりも大切です。また災害時どうするべきか平時から決めておく必要があります。

これらの分野で実践的な意見が欲しい方は、自分の経験と知識の範囲で良ければどんなことでもアドバイス致します。ぜひご相談ください。

幅広い支援実現に向け、現在NPO法人化を申請中です。

中島 武志(武ちゃんマン)

生年月日 : 1977年3月4日(40歳)

職歴 : 新聞配達 居酒屋店員 板場職人 大工見習い サイディング見習い 塗装業職人 介護職員 パチンコ屋店員 露店業職人 自営業など

資格 : 普通自動車免許 普通2種免許 小型車両系建築車両 ヘルパー2級 食品衛生管理者 日本パソコン検定(ワード エクセル パワーポイント ホームページ1級) 空手2段 防災士

長所 : 経験豊かで判断力が早い 必ず約束を守る 責任感がある 人と人を繋げるのが得意

短所 : 数字に弱い 方向音痴 自分の能力以上の事を無理する

略歴

裕福な家に生まれるがDVにより両親が離婚。幼少期は親戚の家に預けられ貧しい環境で小学校まで育つ。

中学校2年で一人暮らしをはじめる。いじめられずに生きていくため不良グループに参加。様々な悪い事を体験。

中学校卒業後、生活のため色々な職業を体験する。

2011年 東日本大震災をきっかけに自営業を辞め、3月20日から石巻にてテント生活をしながら85日間ボランティア活動に参加。

2011年 紀伊半島大水害にて50日間ボランティア活動に参加。

2014年 ダッシュ隊大阪に参加。2015年法人化により理事になる。以後、災害が起きるたびに日本各地の被災地にて災害救援活動に参加。

主なアシスト

〇2011年3月19日宮城県石巻入り

・物資を積み込み石巻入り

・支援物資仕分け・配布

・ローラー班

・カナダ医療チーム CMAT の現地コーディネーター

・避難所支援・被災者送迎

・河北町役場依頼により重度要介護被災者の安否確認

・炊き出し、泥出し など

〇2011年8月28日和歌山県入り

・井関地区エリアコーディネーター

・ボランティアコーディネーター・ニーズ調査

・大阪から那智勝浦までのボランティア移送(約100人)

・炊き出し

・泥出し、床はがし など

〇2014年7月10日長野県南木曽町入り

・現地作業コーディネーター

・泥出し など

〇2014年8月11日以降徳島県海陽町・那賀町入り

・ボランティアセンター設立スタッフ

・地域コーディネーター

・ボランティアコーディネーター など

〇2014年8月18日京都府福知山市入り

・現地調査

・民家の修復作業・泥出し作業 など

〇2014年8月19日京都府丹波市入り

・乙河地区エリアコーディネーター

・泥出し など

〇2014年8月広島県入り

・支援物資運搬

・炊き出し

〇2015年6月熊本県天草郡苓北町入り

・現地調査

〇2015年9月13日茨城県常総市入り

・社会福祉協議会 VC 運営支援

・エリアリーダー

・炊き出し

・泥出し

・「がんばっぺ常総」コーディネーター

・行政と協力し粗大ごみプロジェクト

〇2016年4月14日熊本県入り

・避難所支援

・物資配布(水、食料、土嚢袋、ブルーシート、布団、オムツなど)

・炊き出しコーディネート

・熊本市ボランティアセンターのアシスト

・ベース運営

・災害弱者に対するニーズ起こし

・倒壊家屋からの家財救出

・瓦礫撤去

・屋根の応急措置

・ブロック解体

・引っ越し

・障がい者センター熊本の支援

・仮設住宅支援、木部補修

・新しい住宅探しのお手伝い

・被災者カーシェアリングの仲介

・災害ゴミの処分「熊本市と連携」

・被災者宅の片付け、清掃

・被災地小学校支援

・被災地にお祭りプロジェクト

・お墓再生手伝い

・庭木の伐採

・お風呂再生

・屋根に笑顔プロジェクト

・住人へのブルーシート講座

・整体支援・音楽支援

・車がない被災者同行買物支援

・支援団体へのコーディネート

・高齢者の役所書類支援

・通学路安全対策

・民生委員支援

・軽トラックレンタル

・古民家再生プロジェクト

・土嚢袋で笑顔プロジェクト

・家電 家具プロジェクト

〇2016年9月鹿児島県垂水入り

・ボランティアセンター運営スタッフ

・ボランティアコーディネーター

〇海陽町高校対象講演会

〇海陽町地域防災訓練指揮