2021年9月1日(水)~ 9月3日(金)

活動報告

佐賀県8月豪雨災害支援活動報告

9月1日(水)
大町町にてOPEN JAPANと連携を取り床下断熱材の除去作業に当たりました。
このお宅は数日前に床下収納庫に溜まった水を抜いて欲しいとの要望を受けて対応していたお宅でした。
その際に、ぐっしょり濡れたグラスウールが目に入り確認したところ全面が水没していたと分かり、住人さんに説明していました。
2年前の水害は難を逃れていたそうですが、今回は床上40cmまで水が上がっていたそうです。
今日はボランティアセンターから地元の方や近隣のお寺のお坊さんも参加され、床下作業を体験していただくことが出来ました。
このような方々が地元の災害の時に立ち上がって下るように、伝えられる事をしっかり伝えていきたいと思います。

9月2日(木)
大町町にてOPEN JAPANと連携を取り3件を活動。
一件目は昨日からの継続案件である床下断熱材撤去に続いて乾燥作業にはいりました。
二件目はお好み焼き店の自宅部分の壁材の一部撤去作業。ボード、モルタル砂壁仕上げの撤去作業でした。
三件目は床下点検口が水を含んだ為に開かなくなってしまい換気作業が思うように行かないとのニーズに対応。
途中、時折強く降る雨の中での作業となりましたが、無事に完了することが出来ました。
前線の停滞に伴い暫くは天気が優れないようですが、気温も落ち着き作業はいくらかやりやすくなってきています。
どのお宅でもこれからの作業に対して説明をすると、とても熱心に聞いてくださいます。
土砂やグラスウールの撤去後の乾燥作業の大切さを理解して下さり、その後自分たちでもできることを質問される事が多かったです。
早く元の生活に近づけたいという気持ちとしっかりした対応を期待している気持ちを感じた一日になりました。

9月3日(金)
本日は石膏ボード剥がしの活動です。
水に浸かった部分をカットして壁紙を剥がし中の断熱材を抜いたり、カビた裏紙を剥がしたりします。
こうして乾かすと切ったサイズの分だけ石膏ボードをもう一度つけて壁紙を貼るだけで済むので経済的に住人さんが楽になります。
今回の大町町、武雄市住民さんは、2年前にも水害に遭った際に家を治すのにかなりお金を使いました。
だから今回金銭的に余裕があるお家が少なく感じます。
手間はかかっても少しでも住人さんのお金を使わないように、丁寧に活動する事がNPOに求められます。
丁寧にすると時間がかかります。人手が必要ですがコロナ禍で呼ぶわけにはいかなくなります。
佐賀県民の方でレスキューアシストのサポート・アシストをしてくれる方いましたら、このページにコメントかメールでご連絡下さい。
技術はなくても大丈夫です。やる気さえあれば大丈夫!危険な事はスタッフがします。色んな技術を学んでください。
火曜日以外いつでもウェルカムです!!!

災害救助法が適応される市町村には人・物・金が集まりますが、適応されない市町村はボランティアセンターも立ち上がらない可能性があります。 
私達が最初に入らせていただく佐賀市は災害救助法が適応されていません。 
同じ日に起きた災害で同じように大変な目にあって今も困ってる方々が残されています。 
災害救助法がないと適応されない助成金も、中にはあります。
重機レンタルや安全確保する為の材料費などが今後必要になります。 
いつも応援して下さる皆様、今回は寄付での応援でお力を貸しくださいませんか。 
県外のボランティアさんが入れないため、私達が皆様の代わりに住人さんに寄り添い、地元ボランティアさんへの技術伝達などの活動をしていく予定です。 どうぞよろしくお願いいたします。
※クレジットカードでの寄付が可能になりました。 
 ☞https://congrant.com/project/rescueassist/3247 
※ゆうちょ銀行への振り込みでの寄付 
 ☞ゆうちょ銀行 四〇八支店 (普)3264593  
  口座名義:特定非営利活動法人災害救援レスキューアシスト 

この活動は以下の助成金・寄付で活動を行なっています(敬称略順不同)
・READYFORxボラサポ(赤い羽根共同募金)https://readyfor.jp/projects/GRANT_RELIEF08
・積水ハウスマッチングプログラムの会 https://www.sekisuihouse.co.jp/matching/
・真如苑 https://www.shinnyo-en.or.jp/
・日本財団 https://www.nippon-foundation.or.jp/

連携団体
・大町町社会福祉協議会
・佐賀災害支援プラットフォーム(SPF )
・OPEN JAPAN
・U PEACE
・レスキューアシスト熊本
・め組JAPAN
・ハートレスキュー
・災害NGO結

コメント