2021年3月3日(水)

活動報告

被災された人はなかなか自分の困ってる事を言えず我慢をされます。
本日もそのような住人さんと出会いました。


RA :明日ブルーシートを貼るために下見に参りました〜
   よろしくお願いしますー
住人:本当にすいません!ありがとうございます
RA :どのあたりから雨漏りがしますか?
住人:奥の部屋と手前の部屋です。どうぞ上がって見て下さい!
RA :それでは見させていただきます!失礼します
   あれ?この窓は元々こんな感じですか?
住人:地震の時に鍵を閉めていたのに外れて動かなくなり、近所の男の人に来てもらったけど動かないから板をテープで止めてるんです
RAえ :ーーーこんな寒いのに隙間風凄いでしょ?
住人:実は奥の窓も閉まらなくなってるけどそこは何もしてないんです、見てもらえませんか?
RA:自分が直せれるかわかりませんが、見てみますね

とこんなやりとりをさせて頂いて 何とか扉2つとふすまが動けるように細工をさせていただき喜んでいただきました。
福島県の新地町にシート貼りを望まれてますが、屋根を見ずに住人さんの生活を見るように心かけて動いていきます。

本日の連携団体
DRTJAPAN・DEF・UPEACE・レスキューアシスト熊本

コメント